• 柔らかな質感の 32A【GP100032A】 蒸気用減圧弁 ヨシタケ 販売単位:1台(入り数:-)JAN[4589946485783](ヨシタケ (株)ヨシタケ【05P03Dec16】 バルブ)-配管工具

    柔らかな質感の 32A【GP100032A】 蒸気用減圧弁 ヨシタケ 販売単位:1台(入り数:-)JAN[4589946485783](ヨシタケ (株)ヨシタケ【05P03Dec16】 バルブ)-配管工具



    【特長】
    ●高性能・高品質・耐久性を追求したパイロット式減圧弁です。
    ●SHASE-S106減圧弁(空気調和・衛生工学会)の規格に準拠しております。

    【用途】
    ●適用流体:蒸気。
    ●建築設備・空調設備・工業設備。

    【仕様】
    ●呼び径(A):32
    ●呼び径(B):1 1/4
    ●全長(mm):190
    ●高さ(mm):323
    ●質量(kg):14.0
    ●一次側圧力:0.1~1.0MPa
    ●二次側圧力:0.05~0.9MPa
    ●最大減圧比:20:1
    ●最高温度:220℃
    ●接続方式:JIS 10KFFフランジ

    【材質/仕上】
    ●本体:球状黒鉛鋳鉄(FCD450)
    ●弁体・弁座:ステンレス鋼

    【セット内容/付属品】

    【受注数(例:1Pk)内に含まれる数量(例:42本)】
    -

    【JANコード】
    4589946485783

    【注意】

    【在庫種類】
    ●在庫品

    【別途送料について】
    * 御注文金額が5,000円(税抜)以上の場合、送料無料とさせていただきます。
    * 御注文金額が5,000円(税抜)未満の場合、送料600円(税抜)とさせていただきます。
    * 重量物、多量注文、長物など通常の発送ができない場合、送料についてお見積致します。
    * 北海道、離島、沖縄を除きます。

    【納期】
    1~3日以内に発送予定(土・日・祝日を除く)

    【ブランド】
    ヨシタケ

    【メーカー】
    (株)ヨシタケ

    【原産国】
    タイ

    【オレンジブック掲載箇所】
    2015年オレンジブック 3 1223
    * 関連商品の掲載をしております。

    【商品画像】
    ※基本的にシリーズを代表する画像となります(サイズ違い・色違い)。
    ※品番等をご確認していただき、お間違いのないようにご注文ください。

    【環境配慮事項】


    【エビデンス】
    メーカー希望小売価格はメーカー広告に基づいて掲載しています。

    【エビデンス出典】
    エビデンスの出典となります。

    ムヴィエール 銅 ジャムボール 2193-36cm【 製菓・ベーカリー用品 】 【 バレンタイン 手作り 】

  • 柔らかな質感の 32A【GP100032A】 蒸気用減圧弁 ヨシタケ 販売単位:1台(入り数:-)JAN[4589946485783](ヨシタケ (株)ヨシタケ【05P03Dec16】 バルブ)-配管工具 

    柔らかな質感の 32A【GP100032A】 蒸気用減圧弁 ヨシタケ 販売単位:1台(入り数:-)JAN[4589946485783](ヨシタケ (株)ヨシタケ【05P03Dec16】 バルブ)-配管工具


    2016年10月25日(火)、28日(金)、30日(日) 東京文化会館
    「ワルキューレ」
    2016年11月6日(日)、9日(水)、12日(土) 東京文化会館
    「フィガロの結婚」
    2016年11月10日(木)、13日(日)、15日(火) 神奈川県民ホール

    日立ツール/HITACHI エポックミルス タイプN 4枚刃・スクエア・ストレート 16×110mm EMXN4160-TH

  • 柔らかな質感の 32A【GP100032A】 蒸気用減圧弁 ヨシタケ 販売単位:1台(入り数:-)JAN[4589946485783](ヨシタケ (株)ヨシタケ【05P03Dec16】 バルブ)-配管工具

    海のハンター

    海のハンター展 恵み豊かな地球の未来

    すのこベッド シングル【Kaleva】【フレームのみ】 ダークブラウン 北欧デザインベッド【Kaleva】カレヴァ

    「ホホジロザメ」の全身液浸標本、日本初公開!!
    ホホジロザメやクロマグロ、シャチなど「海のハンター」と呼ばれる生物は、多様な生態系の中で獲物を上手に捕らえることができるように適応し、食物連鎖の頂点に立っています。本展はこれら「海のハンター」と我々人類の営みとを「捕食」を通して関連付け、豊かな恵みをもたらす海の未来を考える科学展覧会です。