• 円高還元 黒 ZZR1100C 90年-92年 550-17 TYPE-C リアホイール SPEED GALE ゲイルスピード ガラスコート HD店 28271107Q-ホイール

    円高還元 黒 ZZR1100C 90年-92年 550-17 TYPE-C リアホイール SPEED GALE ゲイルスピード ガラスコート HD店 28271107Q-ホイール





    ゲイルスピード GALE SPEED リアホイール
    90年-92年 カワサキ ZZR1100

    リア用
    サイズ:550-17
    カラー:ブラックメタリック
    タイプ:TYPE-C
    材質:アルミニウム(鍛造)
    【鍛造方法】
    鍛造材は強度があり、その分大幅な切削加工が可能です。細身のスポークや肉薄のリムなど鍛造ホイール独特の形状はここからきています。ゲイルスピードは熱間鍛造法により、8,000tもの高圧で鍛えられ、鋳造品ではなしえなかった軽量ホイールに仕上がっています。
    十分に強度のあるリムを5本スポークによって支えるベーシックモデル。
    軽量ホイールとしての性能・耐久性のバランスに優れる。
    ※ガラスコーティング仕様
    ※純正リアディクス用ローターボルト別途要
    ガラスコーティング(クォーツ)仕様ホイール表面に石英ガラスの皮膜を形成し、親水性を与えることで、落としにくい油汚成分を含んだ汚れが付着しにくくなります。
    ※車種によっては取付に別途パーツが必要な場合があります。
    【ゲイルスピード歴史・特徴】
    マグネシウム鋳造=高価格のイメージが主流で、ストリートで使用するには敷居の高いパーツでした。
    そこで性能はもちろんのこと、デザインと価格帯に着目し既に四輪レースでは主流だったアルミ鍛造ホイールをヒントに、ストリートユースでも入手しやすいカスタムホイールを定着させ、後には「世界で通用するレーシングホイール」を造り上げることをコンセプトに掲げ、ゲイルスピードの開発はスタートしました。
    まずはホイールに求められる十分な強度と耐久性、軽量化をアルミニウム鍛造によって可能とし、価格面、デザイン性、ポリッシュ仕上げも加えた豊富なカラーバリエーションをリリース。
    単にホイール重量を減らすだけでなく、運動性能を考慮した重量配分と剛性をバランスよく両立させ、様々な課題をクリアしたホイールを実現しました。
    ゲイルスピードホイールは発進、制動、加減速、旋回、燃費などといったオートバイの挙動に多くのメリットをもたらします。オートバイのすべての動きがスムーズになりこれまでの愛車とは思えないほどの変化をあなたに感じさせることでしょう。
    ゲイルスピードの立ち上げから10年、タイヤの進化に伴い、より高剛性でより軽量なホイールが求められる中ゲイルスピードは鍛造ホイールをホイールカスタムの主軸へと成長させました。

    28271107Q
    HD店

    タンガロイ 旋削用M級ネガTACチップ 超硬 (10個) 品番:SNMG120408 TH10

  • 円高還元 黒 ZZR1100C 90年-92年 550-17 TYPE-C リアホイール SPEED GALE ゲイルスピード ガラスコート HD店 28271107Q-ホイール 

    円高還元 黒 ZZR1100C 90年-92年 550-17 TYPE-C リアホイール SPEED GALE ゲイルスピード ガラスコート HD店 28271107Q-ホイール


    2016年10月25日(火)、28日(金)、30日(日) 東京文化会館
    「ワルキューレ」
    2016年11月6日(日)、9日(水)、12日(土) 東京文化会館
    「フィガロの結婚」
    2016年11月10日(木)、13日(日)、15日(火) 神奈川県民ホール

    ゲイルスピード GALE SPEED フロントホイール TYPE-S 350-17 08年-13年 CBR1000RR ABS 黒 28711022 HD店

  • 円高還元 黒 ZZR1100C 90年-92年 550-17 TYPE-C リアホイール SPEED GALE ゲイルスピード ガラスコート HD店 28271107Q-ホイール

    海のハンター

    海のハンター展 恵み豊かな地球の未来

    ミヤナガ ウッディングコアドリルセット PCWS80

    「ホホジロザメ」の全身液浸標本、日本初公開!!
    ホホジロザメやクロマグロ、シャチなど「海のハンター」と呼ばれる生物は、多様な生態系の中で獲物を上手に捕らえることができるように適応し、食物連鎖の頂点に立っています。本展はこれら「海のハンター」と我々人類の営みとを「捕食」を通して関連付け、豊かな恵みをもたらす海の未来を考える科学展覧会です。