• 100%安い 圧力IH炊飯ジャー(5.5合炊き) RZ-V100CMW 日立 ふっくら御膳 RZV100CMW パールホワイト-炊飯器

    100%安い 圧力IH炊飯ジャー(5.5合炊き) RZ-V100CMW 日立 ふっくら御膳 RZV100CMW パールホワイト-炊飯器



    ●決め手は圧力とスチーム。日立独自「極上ひと粒炊き」。めざしたのは京の米老舗八代目儀兵衛の「外硬内軟(がいこうないなん)」のひと粒のうまさ。じっくりと米に吸水させたら、圧力をかけながら最高1.3気圧まで加圧し、沸点を最高107℃まで上昇させて、高温で加熱。余分な水分を飛ばした後、圧力をかけたまま、さらに最高107℃のスチームを使い、高温を維持しながらじっくり蒸らす、日立独自の炊飯方式「極上ひと粒炊き」で「外硬内軟」に炊き上げます。
    ※日立調べ。「白米・極上ふつう」少量炊きコース炊飯時。消費電力量、炊飯時間は出荷時設定コース「エコ炊飯」より増加します。
    ●「大火力 沸騰鉄釜&全周断熱」でおいしく炊き上げ。鉄とアルミを合わせた多層な金属を採用し、大火力と約790gの軽さを実現。内釜底面の「凸底形状」で、発熱面積を広げて、さらに泡を発生させ、ひと粒ひと粒に大火力の熱を伝えます。さらに、軽量で使いやすい内釜を実現させるために、本体側に蓄熱性を持たせました。ふたとボディに伝熱性の低い素材を採用し、空気断熱層などで、熱を閉じ込めます。内釜内面のカーボンフッ素加工で洗米も可能、6年保証付き。文字が大きく水加減がしやすい[おこのみ水位線]を採用しています。
    ●炊飯中に蒸気がほとんど出ない「蒸気カット」。炊飯時の外に出る蒸気をカットするから、置き場所に困りません。スライド式の棚にも置けて便利です。
    ※日立調べ。炊飯コースや周囲環境などによって排出蒸気量や見え方は異なります。
    ●0.5合から2合までの少量を選べる「少量」専用ボタン。
    ●用途にあわせてお好みの炊き上がりが選べる「極上炊き分け」。白米・無洗米で極上炊き分けが選べます。「少量」でも炊き分けが選べます。
    ●ごはんをしっとり保つ「スチーム24時間保温」。

    ●周波数:50・60Hz共通
    ●省エネ基準達成率50Hz:104
    ●年間消費電力量50Hz:80.72
    ●目標年度:2008年度
    ●省エネマーク50Hz:グリーン.eps
    ●目安電気料金(円_年)50Hz:2180
    ●容量(数値):5.5
    ●容量(単位):合
    ●高火力機能:圧力IH方式
    ●内釜_名称:大火力沸騰鉄釜
    ●内釜_厚さ:2.3mm
    ●内釜_主な素材:鉄+アルミ
    ●炊飯時間の目安_標準:50
    ●炊飯時間の目安_早炊(1合):30
    ●保温_保温時間:24
    ●保温_保温方式:スチーム保温
    ●メーカー内釜保証:6年
    ●本体サイズ(mm)_幅:248
    ●本体サイズ(mm)_高さ:232
    ●本体サイズ(mm)_奥行:302
    ●本体質量(kg):6

    トラスコ中山(株) TRUSCO AWMR型高さ調節作業台 1200X600XH700-910 AWMR-1260 【DIY 工具 TRUSCO トラスコ 】【おしゃれ おすすめ】[CB99]

  • 100%安い 圧力IH炊飯ジャー(5.5合炊き) RZ-V100CMW 日立 ふっくら御膳 RZV100CMW パールホワイト-炊飯器 

    100%安い 圧力IH炊飯ジャー(5.5合炊き) RZ-V100CMW 日立 ふっくら御膳 RZV100CMW パールホワイト-炊飯器


    2016年10月25日(火)、28日(金)、30日(日) 東京文化会館
    「ワルキューレ」
    2016年11月6日(日)、9日(水)、12日(土) 東京文化会館
    「フィガロの結婚」
    2016年11月10日(木)、13日(日)、15日(火) 神奈川県民ホール

    インペリアル ステンレス・銅管用チューブベンダー6mm 664FH6MM

  • 100%安い 圧力IH炊飯ジャー(5.5合炊き) RZ-V100CMW 日立 ふっくら御膳 RZV100CMW パールホワイト-炊飯器

    海のハンター

    海のハンター展 恵み豊かな地球の未来

    シロカ SC-C111(K/SS) コーン式全自動コーヒーメーカー SCC111KSS

    「ホホジロザメ」の全身液浸標本、日本初公開!!
    ホホジロザメやクロマグロ、シャチなど「海のハンター」と呼ばれる生物は、多様な生態系の中で獲物を上手に捕らえることができるように適応し、食物連鎖の頂点に立っています。本展はこれら「海のハンター」と我々人類の営みとを「捕食」を通して関連付け、豊かな恵みをもたらす海の未来を考える科学展覧会です。